腎臓病食は宅配業者に依頼しよう~バランスよく食べる~

スープ

便利なサービス

腎臓の機能を保つ腎臓病食

腎臓は、体内の血液から老廃物をろ過して、それを尿として排出させるという働きをしている臓器です。したがって腎臓の機能が低下すると、老廃物がろ過されなくなり、体内に多く留まってしまうことになります。すると体がむくんだり血圧が高くなったり、ろ過がうまくいかないことからタンパク尿や血尿が出るようになったりします。 そのため現在では、それを予防するため、あるいは悪化させないために、食生活に宅配の腎臓病食を利用する人が増えています。宅配の腎臓病食は、腎臓に負担をかけないように作られているので、利用すれば、腎機能が保たれることで体内に老廃物が溜まりにくくなるのです。宅配ですから自分で作る必要がなく、自炊する技術や時間がないという人でも、腎臓病食による食事療法を手軽に進めていくことができます。

低タンパクと低カリウム

タンパク質やカリウムは、本来は人間の体に必要な栄養分ですが、腎機能が低下している人にとっては、摂取のしすぎは害となります。 そのため宅配の腎臓病食では、従来はタンパク質やカリウムの少ない食材が使われたり、味つけがおこなわれたりしていました。特定の食材と特定の味つけによる味気ない食事となってしまうことも多かったのですが、昨今の宅配の腎臓病食では改善されています。低タンパクの米や、低カリウムの野菜や果物などが栽培されるようになったので、それらを使うことでメニューの幅が広がったのです。 腎機能はある程度まで低下すると回復しなくなるので、腎臓病食はその後一生食べ続けることになります。だからこそ、ストレスを溜めることなくおいしさを味わいながら続けることができるように、宅配の腎臓病食は食材に工夫して作られるようになっているのです。